Bach Cantatas 【人気急上昇】 Bach Cantatas 【人気急上昇】 722円 Bach Cantatas ミュージック クラシック オペラ・声楽 722円 Bach Cantatas ミュージック クラシック オペラ・声楽 /osteotrite3655758.html,Bach,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,senaillat.com,Cantatas,722円 /osteotrite3655758.html,Bach,ミュージック , クラシック , オペラ・声楽,senaillat.com,Cantatas,722円

Bach 新生活 Cantatas 人気急上昇

Bach Cantatas

722円

Bach Cantatas

商品の説明

"span"Amazonレビュー

"span"Lorraine Hunt Lieberson has been scantily represented on CD, and that makes this gorgeous, deeply felt release all the more valuable. Here she sings two Bach cantatas composed for solo voice. Her mezzo is not particularly heavy, but it can darken or lighten expressively, and she uses its dusky qualities handsomely. Ich habe genug"span" was originally written for solo bass, but Bach revised it a few years later. The way the voice works with and around a solo oboe (amid the accompanying strings) is beautiful. Of particular note are the aria "Schlummert ein"--a lullaby which Lieberson sings with a long, sustained, hushed tone--and the final aria, in which the singer looks forward to her death and eternal peace; the latter is remarkable for its joyful, flowery vocal line, as upbeat as the lullaby is serene. Lieberson catches the mood, and her rhythmic accuracy, leaning on the beat, brings out the joy in the singer's religious fervor. The second cantata, similarly scored with a prominent solo oboe, begins with a recitative ("My heart swims in blood") and is a confession of guilt; by its close the tone has again turned vivacious, as the sinner looks forward to salvation. Lieberson's voice is capable of level upon level of dynamics, her soft singing is as impressive as her more outgoing expressions. This is a beautiful disc from an important singer. --Robert Levine

Product Description

Lorraine Hunt Lieberson is a respected recitalist, concert singer and a riveting operatic performer whose repertoire ranges from the Baroque to the contemporary. Now after a number of acclaimed recordings, including a Grammy nomination for Britten's Phaedra, Lorraine Hunt Liberson makes her solo Nonesuch debut in two Bach cantatas with the Boston-based Orchestra of Emmanuel Music conducted by Craig Smith, an ensemble with whom she shares a long history and a special affinity.

Bach Cantatas

Ryushoの浪漫紀行

  最新記事 - New Posts -

お知らせ

  2022/01/01 

謹賀新年『明けましておめでとうございます!』本年もよろしくお願いいたします。

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/12/20 

【占い師になる】タロット・小アルカナ「コートカード(絵札)」補足『キーワード集』

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/12/06 

【占い師になる】タロット・小アルカナ「コートカード(絵札)」について深堀りしてみた!

この記事を読む

癒し・セラピー

  2021/11/22 

アイデア発想法の『フレームワーク』を学んでいたら『フォーカシング』という心理療法に出会った!

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/11/08 

【占い師になる】『タロット教本の選び方』の補足。タロット・大アルカナ『キーワード集』

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/11/01 

【占い師になる】一度あきらめてしまった人に確認してほしいタイプ別『タロット教本の選び方』

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/10/20 

【占い師になる】『コールド・リーディング』は本当に騙しのテクニックなのか?

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/10/10 

【占い師になる】まったくの素人さんが特殊能力なしに占い師になれる『コールドリーディング』とは?

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/10/04 

【占い師になる】まったくの素人さんが副業で占い師になるならタロット占いから学ぶべき理由!

この記事を読む

タロット占い師になる

  2021/09/19 

【占い師になる】あなたは、どのタイプの『占い師』を目指しますか?

この記事を読む

カバラ数秘術

  2021/09/06 

【カバラ数秘術】『カバラ』と『数秘術』そして『カバラ数秘術』との違いは?

この記事を読む

カバラ数秘術

  2021/08/23 

【カバラ数秘術】『宿命数(覚醒数)』が【ワイルドナンバー】の人は、才能が覚醒する際に波瀾になる!

この記事を読む

カバラ数秘術

  2021/08/16 

【カバラ数秘術】3つの神秘数『宿命数』『運命数』『未来数』を統括する【ライフタイムナンバー】をもう一度考える。

この記事を読む

カバラ数秘術

  2021/08/09 

【カバラ数秘術】『相性数』で人間関係がトラブった時の対処方法を考える。

この記事を読む

カバラ数秘術

  2021/08/02 

【カバラ数秘術】『相性数』で紐解く『恋愛・結婚・仕事』などの人間関係と相性。

この記事を読む

潜在意識書き換え

  2021/07/26 

【潜在意識書き換え】『お金持ちの人生になるプログラム』最終段階【感情を上げる言葉】

この記事を読む

潜在意識書き換え

  2021/07/19 

【潜在意識書き換え】『お金持ちの人生になるプログラム』第三弾【感情制御を理解する】

この記事を読む

Copyright© Ryushoの浪漫紀行 , 2021 All Rights Reserved.

error: Content is protected !!